« 韓国版DVD「スカーレットレター」 | Main | 「大脱走です。・・・」 »

ドキュメンタリー3本

music_dc劇映画(言い方が古い!)も、ちょっと飽きたのでドキュメンタリー映画を見直してみました。内容は[ソウル]、[ロック]、[ブルース]の音楽ドキュメンタリー3作品。
先ずは「永遠のモータウン」(写真左)。モータウンサウンドをバックで支えた、レコーディング・バンド"ファンク・ブラザーズ"の歴史をメンバーのインタビューと当時の記録映像で構成した作品。特に、現在の若手歌手とのスタジオセッションは名曲のオンパレード、このDTSサウンドは見事!。
次は「FESTIVAL EXPRESS」(写真中央)。1970年、特別仕立ての列車(FESTIVAL EXPRESS)でカナダ各地をコンサート・ツアーしたロック・ミュージシャンたちを延々と追った作品。登場するミュージシャンたちがこれまた凄い!ジャニス・ジョプリンを筆頭にグレイトフル・デッド、ザ・バンド、懐かしいところでは、シャナナ、マシュマ・カーンなど、ざらついた映像とけっしてワイドレンジではないサウンド(DTS)から60〜70年代の匂いが伝わってきます。
最後に「LIGHTNING IN A BOTTLE」(写真右)。ブルース誕生100年を記念して、N.Yのラジオシティーホールで開かれたコンサートの模様を記録したドキュメンタリー。製作総指揮はあのマーティン・スコセッシ、こちらも大御所がズラリ!B.B.キング、バディ・ガイ、DR.ジョン、スティーヴン・タイラー(エアロ・スミス)、ジョン・フォガティ(元CCR)など、DD5.1サラウンドもホールの雰囲気がGOOD!

|

« 韓国版DVD「スカーレットレター」 | Main | 「大脱走です。・・・」 »

Comments

Hi there colleagues, how is everything, and what you would like to say on the topic of this piece of writing, in my view its genuinely awesome for me.

Posted by: Chas | April 29, 2015 at 02:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86917/4673750

Listed below are links to weblogs that reference ドキュメンタリー3本:

« 韓国版DVD「スカーレットレター」 | Main | 「大脱走です。・・・」 »